予算で選ぶロードバイク

入門用から上級者向けの物。通勤、レース、ツーリング、悪路走行も可能なモデルなど、店長が厳選したおすすめのロードバイクを価格順にご紹介

ロードバイクラインナップROADBIKE LINEUP

TREK Domanea AL 2 2019

79,000 (税別)

ロードバイクのエントリーモデル。スポーツ自転車に触れた事の無い方がメンテナンスや乗り方、取扱いを覚える入門用の一台としてお勧めです。

詳細はこちら

TREK 1.1 2017

96,000 (税別)

ロードバイクのエントリーモデル TREK 1.1。 生涯保障のTREKのロードバイクを10万円と言う予算で購入出来るのは嬉しい限りですね。 ママチャリとは、「自転車」と言うカテゴリーでは同じでも、似て非なる物ですから、 スポーツ自転車を全く触った事も無い方の場合は、 乗り方、空気、注油、手入れ、保管など、 最低限覚えなければならない事がありますので、 それらを覚える入門用の一台としては最適だと思いますし、 通勤や通学でロードバイクをお探しの方にピッタリです。 仕様は、50t/34tでダブルのチェーンリング、ハンドルブラケットから手を離さずに変速出来るSTIレバーなど、 ロードバイクの基本は抑えていますから、 一先ずこれで実績をつけてから、大蔵省にグレードアップの交渉をするのも一つの手だと思います。

詳細はこちら

MASI INIZIO

89,000 (税別)

ビギナーに優しいエントリーロードバイク。 イタリア語で「スタート」を意味するINIZIOは無駄のないスタンダードバイク。 上位モデルのデザインを受け継ぎつつ、より乗りやすさを求めたエントリーモデル。 初めてのロードバイクをINIZIOでスタートしませんか。

詳細はこちら

JAMIS VENTURA SPORT

89,900 (税別)

上位モデルのノウハウを基にホビーライドでも早く快適にライディングできるアルミフレームパフォーマンスロードシリーズのVentura(ベンチュラ)。 アルミフレームロードの小気味良い加速感を味わいながらシートステーに扁平加工を施し、スピードは維持したまま突き上げ感を緩和する恩恵のおかげで疲れも少ない。 連日の新たなロードライドや長距離のロングライド時でも楽しく進んで行ける。

詳細はこちら

TREK Domanea AL 3 2019

98,000 (税別)

耐久性、乗り心地など非常にバランスの良いフレームにメンテナンス性の良いコンポーネントを装着。通勤や通学にもお勧めです!!

詳細はこちら

JAMIS RENEGADE EXILE

99,900 (税別)

あらゆる路面をそのまま走れる、行き先の可能性を大きく広げるアドベンチャーロード。 長距離ライドのために設計されたジオメトリーや太くて心地よい40cタイヤまで対応するクリアランス。 そして天候に左右されない制動力を備えたディスクブレーキなど走破性の高い走りを実現しています。 走りの安定感、耐久性、積載性など、通勤や通学の足としてもおすすめです。

詳細はこちら

MASI CXGR

119,000 (税別)

MASIの定番ともいえる人気グラベルロード。 フェンダー(泥除け)、キャリア(荷台)が装着可能なダボ(穴)を装備しておりツーリングバイクとしても非常に優秀。 長く乗るほどその良さを実感し、ロングライフな愛車となるだろう。

詳細はこちら

TREK Checkpoint AL 3 2019

119,000 (税別)

驚くほど万能なこのバイクは、グラベルライド、バイクパッキング、そして毎日の自転車通勤といった、幅広いライドスタイルに対応しています。 ディスクブレーキが付きますから雨天や悪路の走行もへっちゃらです。

詳細はこちら

JAMIS RENEGADE EXPLORE

120,000 (税別)

シクロクロスとロードバイク。マウンテンバイクとロードバイクの中間としても位置付けする事ができ、ツーリングバイクとしてパニアバッグやバイクパッキングももちろん可能な、 自動車で言うとSUVのようなバイクです。 中でもこのRENEGADE EXPLOREはまさに世界基準と言っても良いアドベンチャーロードのお手本のような自転車です。 雨の中を走行後に少しメンテナンスを怠っても錆びないマウンテンバイク譲りの強靭なアルミフレームに、 適度に振動をいなしてくれるカーボンフォーク。 制動力はもちろんですが、輪行をしてもトラブルが少なく、ユーザー自身でも調節が可能なメカニカルディスクブレーキなど、 これからスポーツバイクを始めたいと思っている初心者の方にも安心してオススメできる逸品です。

詳細はこちら

JAMIS VENTURA RACE

125,000 (税別)

上位モデルのノウハウを基にホビーライドでも早く快適にライディングできるアルミフレームパフォーマンスロードシリーズのVentura(ベンチュラ)。 アルミフレームロードの小気味良い加速感を味わいながらシートステーに扁平加工を施し、スピードは維持したまま突き上げ感を緩和する恩恵のおかげで疲れも少ない。 連日の新たなロードライドや長距離のロングライド時でも楽しく進んで行ける。

詳細はこちら

TREK Emonda ALR 4 2019

135,000 (税別)

カーボンバイクを凌駕する「軽量性」と、これまでアルミニウムでは達成できなったカーボンフレームに近い「ライドクオリティー」を実現させ、 トレック史上最軽量で最高のライドクオリティーのアルミロードバイクです。通勤や通学などの実用がメインではなく、スポーツとしてロードバイクを楽しみたいと言う方にお勧めのスポーツエントリーモデルです。 こんな金額でこんなに美しいフレームのバイクに乗れるなんて、幸せな時代だな〜とつくづく感じます。フレームだけで120,000円するのに...

詳細はこちら

TREK Checkpoint AL 4 2019

139,000 (税別)

驚くほど万能なこのバイクは、グラベルライド、バイクパッキング、そして毎日の自転車通勤といった、 幅広いライドスタイルに対応し、広いタイヤクリアランスで35cまでのタイヤを履く事ができますから、あらゆる路面状況に対応可能です。 ロードバイクと言うよりはツーリングバイクに近いと思います。速さよりも積載能力などを重視する方にお勧めです。

詳細はこちら

JAMIS RENEGADE EXPAT

148,000 (税別)

昔のクロモリロードバイクやランドナーなどから比べると全然太いフレームですが、 アルミのモデルよりも細身ですから、シンプルな見た目が好きな方に人気があります。 クロモリフレームのバイクにありがちなペダルを踏んだ時の「もっさりしている」感じはありませんから、 アルミフレームの RENEGADE EXPLORE と このクロモリフレームの RENEGADE EXPAT の違いは見た目と コンポーネントの違いくらいだと考えて頂いて良いと思います。

詳細はこちら

MASI GIRAMONDO 700C

165,000 (税別)

冒険者の為のバイク。 どこを走るのが最も似合うかと尋ねられたらそれは極地。 過酷な環境下にも屈しない、まさに冒険者のためのバイク。

詳細はこちら

MASI SPECIALE RANDONNEUR

169,000 (税別)

長い距離を乗ろう、速くなくていい、ゆっくり流れていく景色を楽しもう、シンプルにあなたを遠くに運んでくれる1台

詳細はこちら

TREK Emonda ALR 5 2019

172,000 (税別)

20万円のご予算でロードバイクをお探しの方に絶対的な自信を持っておすすめできるのがこの Emonda ALR 5 です。と言うより、これを選ばないで他に何を選ぶの?と言う感じです。 56cmサイズで完成車重量 8.7kg と言う脅威的な軽さと、カーボンフレームに近い「ライドクオリティー」を実現させた究極のアルミロードバイクです。 コンポーネントはSHIMANO 105がアッセンブルされておりますので、上級者になるまでは不満を感じないと思いますが、そんな事はハッキリ言ってどうでも良いです。 KLEIN譲りのアルミフレームなのに溶接痕が無いカーボンバイクのような滑らかな仕上がりと、パープルの方は見る角度によって色が若干違って見えるマジョラーのような塗装。超絶カッコいいです。

詳細はこちら

TREK Checkpoint ALR 4 2019

185,000 (税別)

300シリーズの軽量なアルミフレームのCheckpoint ALR 4 はコストパフォーマンスに優れ、あらゆるライドを楽しくする新たな相棒になるでしょう。

詳細はこちら

MASI SPECIALE STRADA

189,000 (税別)

1970年代風のヴィンテージな雰囲気をもつクラシカルバイク。 鮮やかなブルーフェイドのグラデーションカラーにMASIのロゴが映える。 ラグ溶接が施されてクロモリフォーク、カンパニョーロケンタウルを組み合わせた往年のスタイルと確かな性能を両立させた1台。

詳細はこちら

TREK Checkpoint ALR 5 2019

213,000 (税別)

オンロードからオフロードまで路面コンディションや、天気を全く気にする事無く出かける事ができるTREK Checkpointの最高峰モデル。Shimano105グレードのパーツで組み上げられていますので、 変速、剛性、制動力などどの部分をとっても不満を感じる事は無いでしょう。

詳細はこちら

TREK Emonda SL 5 2019

223,000 (税別)

できるだけ少ない予算でカーボンバイクに乗りたい!!と言う方にオススメのモデルがこの Emonda SL 5です。 私が作った訳ではありませんが、これを見てしまうと他のブランドの物は全く眼中に入らなくなってしまうと言うほどの自信作!! 内容自体はめちゃくちゃ凄いのですが、TREKとしてはもはやこれが当たり前になってしまったのか、凄く普通で無難です。 見た目も普通で性能もとんがった部分が無い優等生的なカーボンバイクです。 アルミのロードバイクを乗られていた初心者の方が、「カーボンって乗り心地良いね」と思って頂けるような マイルドな乗り味で、誰もが全てのシュチュエーションで快適に本物のロードバイクを楽しめると言う人気車種です。 ちょっと前までは500シリーズのOCLVカーボンは30万円以上していましたから、めっちゃお買い得です。

詳細はこちら

TREK Domane SL 5 2019

241,000 (税別)

IsoSpeedを採用した500シリーズのOCLVカーボンに、コーナリングでのハンドリング安定性の高いカーボンフォークが付き、 同価格帯のEmonda(エモンダ)に比べてロングライドでの疲れ難さが格段にあがり、長距離ライド派にお勧めです。

詳細はこちら

TREK Domane SL 5 Disc 2019

281,000 (税別)

30万円ぐらいののご予算で、レース志向ではなく、街乗り、通勤、長距離サイクリングまで、全てを存分に楽しめるロードバイクをお探しなら間違いなくこれです!! 全天候ロングライドロードバイクの決定版。 見た目、操作性、満足度など、トータルバランスが抜群です。 数あるメーカーの中でも同価格帯であれば2019年モデルで一番お勧めのカーボンエンデュランスロードバイク。 クロスバイクの乗り心地にロードバイクの走り...いや、クロスバイクより乗り心地は良いかも知れません。何時間でも乗っていられます。

詳細はこちら

JAMIS RENEGADE EXPERT

310,000 (税別)

ここまで見た目と走りのギャップを感じる自転車は他には思い当たりません。 見た目の重厚感からは想像もつかない驚きの走りの軽さと、世の中の歩道から木の根のギャップや点字ブロックは無くなったのか?と錯覚するような乗り心地です。 「チョット頑張って買っちゃいなよ〜」と言う価格帯じゃないのですが、すでにロードバイクをお使いで、 「速く軽く走れて良いのだけど、ロードバイクは道を選ぶから、いっつも同じ道ばっかり走ってるんだよねぇ」と言う方に是非お勧めしたいアドベンチャーロードバイクです。

詳細はこちら

TREK Emonda SL 6 2019

312,000 (税別)

数ある2019年モデルのロードバイクの中で、重量、価格、性能、デザイン、カラーリングなど全ての面において最高の仕上がりだと思います。 金額自体は決して安くはありませんが、このバイクが312,000円と言うのは激安だと思います。 メカニックと言う視点から見ても、ライダーと言う視点から見ても、とにかく凄いロードバイクです。 久し振りに自分用に欲しくなりました。メチャクチャ格好良いです!!これは半端じゃ無いです。

詳細はこちら

TREK Domane SL 6 Disc 2019

365,000 (税別)

10万円以下から150万円以上する物までロードバイクは色々出ているのですが、2019年に発売されている中で、全ての面において一番バランスが良いバイクが Domane SL6 Disc と Emonda SL6 だと思います。乗り手の年齢やスキルを問わず、初心者から上級者まで満足して頂ける走り。 後々グレードアップしたくなる事もこれならありませんね。今まで考えられてきたロードバイクの乗り心地の良さとは全く別次元の快適性です。

詳細はこちら

TREK Emonda SL 6 PRO 2019

417,000 (税別)

Emonda SL 6にBontrager Aeolus Pro 3のカーボンホイールを取り付けたモデル。ヒルクライム好きにはたまらないと思います。 ホイールを後からアップグレードする事を考えたら随分お買い得になりますので、 自転車を買っただけでは飽き足らず、色々パーツを変更したくなっちゃうタイプの方は、結果的に安上がりになるのではないでしょうか?

詳細はこちら

TREK Domane SLR 6 Disc 2019

540,000 (税別)

スライダーを調整するだけで、フレームの振動吸収量を好みに変えられる。ドマーネの最上級モデル。フレームからコンポーネントまで、ただただ凄いの一言です。

詳細はこちら