• 元祖 自転車通販のサイクルサービスおおやま
  • トップページ
  • 自転車本体
  • 自転車部品
  • 自転車,部品の特価品情報
  • 特集記事,自転車豆知識
  • メンバーサポート
HOME >>> 特集/豆知識 >> ギヤ付きのメリットと装備されている理由

ギヤ付きのメリットと装備されている理由

ギヤのメリットと必要性

初めてスポーツ車をご購入頂くお客様から
・なんでギヤがこんなに沢山付いてるの?
・24段変速よりも27段変速付きの方が徳かな?
・3段変速もあれば十分じゃないの?そんなに付いていても使いこなせない。
・坂道は立ち漕ぎの方が楽ジャン
・坂道で軽いギヤにしても沢山ペダルを回さなきゃいけないから疲れるのは一緒でしょ!
と言う質問を沢山頂きます。 そこで、何の為にギヤが沢山付いているのか?と言う点を考えて見ましょう。
自動車やオートバイをお持ちでしたらすぐに解ると思いますが、 スピードメーターの隣にタコメーターと言うのがありますよね。 これはエンジンの回転数を測る装置ですが、 エンジンの回転数を2000〜3000回転位で一定に保つように変速しながら走行すると燃費が良いですね。 逆に、5000〜6000回転位までエンジンの回転数を上げてから 変速するような乗り方をしていると、スピードは一気に出ますが、燃費はとても悪くなると思います。
車で言う燃料の消費と人間のカロリー消費(疲れ)は同じような物ですから、 5〜10分走る程度であれば、その違いは体感できる程でもありませんが、 長い距離を走る場合は、登り坂でも下り坂でも平坦な道でも同じ力で一定の回転数でペダルを踏み続けられれば疲れ難いと言う事になります。
上記のような理由で、ギヤは沢山付いていたに越した事は無いのですが、 機械物は色々な装置が付けば付くほど構造が複雑になり、メンテナンスや故障の頻度も増えます。 また、それなりに値段もあがってしまいますから、短い距離しか走らなかったり、 殆ど平地しか走らないと言う方には脚力に合ったギヤが数段付いていれば良く、 長い距離や登り下りが沢山ある道を走られる方は沢山ギヤが付いている自転車を お求め頂くのが良いと思います。(ギヤの数だけで自転車を決定する事はないと思いますが...) また、自転車の価格を低く抑えるために付けなかったり、 折畳み自転車などで構造上取り付け出来なかった。と言う場合もありますが、 通常は自転車メーカーも自転車の種類(用途)にあわせて必要なギヤをアッセンブルして来ますから、 ギヤの数は特に気にする必要はなく、用途に合った自転車をお求め頂ければ 特殊な使い方をしない限り殆どの方がそのままの変速数でご満足頂けると思います。

前ギアと後ギア

長い距離を走る為の自転車は、前の変速機と後の変速機がついていたりします。 (3X9=27段変速とか、2X9=18段変速とかです) 後だけでシフトの数を稼ぐのは難しいと言う理由もあるのですが、 前と後のギヤを上手に使って頂く事で更に楽に遠くまで走る事が出来ます。 (これが下手だと余計に疲れたり、シフトミスでチェーン外れやチェーン切れを起します)
例えば、変速した時に一気にギヤが重たくなったりしてしまうと ペダルの回転数は一気に落ち、失速してしまいます。 それを同じ回転数に戻そうと思うと、余計なパワーを使ってしまいます。 これを無くす為に後ろギヤ(カセットスプロケット)は細かく少しづつ大きく&小さくなっています。 反対に、急に坂道が来てしまった場合や、一息で頂上まで行けると思った登り坂の途中で 実は登りきれない事に気付き、一気にペダルを軽く踏めるようにしたい場合などの為に 前のギヤ(チェーンリング)は歯数の差が大きくなっています。 前のギヤを1段変える事で後ろのギヤ3、4段変えるのと同じ効果があります。 また、下の表をご覧頂ければ解りますが、MTBは基本的に山を走る為の自転車ですから 高低差が大きい事を想定しており、 速度もロードレーサー程は出しませんから、ギヤは軽い方が重視のセットになっています。 反対にロードレーサーはオフロードを走る事は無く、 舗装路がメインになる為、平均速度も必然的に速くなりますから、重い方が重視のセットになります。 使わなければそんなに沢山のギヤは必要ありませんが、 上手に使って頂ければもっと遠くまでもっと楽に行けるようになると思います。

MTBとロードレーサーのギヤ比の違い

 
ロードレーサー
前ギヤ 53/39T
後ギヤ 12〜23T
タイヤ 700x23c
MTB
前ギヤ 44/32/22T
後ギヤ 11〜32T
タイヤ 26x1.95
 
ギヤの位置
(前-後)
ペダル1回転で進む距離(GD比) cm  
1-1 354 141

後のギヤは大きくなるほど軽くなります。

前のギヤは小さくなるほど軽くなります。
1-2 388 161
1-3 429 188
1-4 479 215
1-5 509 251
1-6 543 282
1-7 582 322
1-8 627 376
1-9 679 410
2-1 482 205
2-2 527 234
2-3 583 273
2-4 652 312
2-5 692 364


後のギヤは小さくなるほど重くなります。

前のギヤは大きくなるほど重くなります。
2-6 738 410
2-7 791 469
2-8 852 547
2-9 923 596
3-1   282
3-2   322
3-3   376
3-4   430
3-5   501
3-6   564
3-7   644
3-8   752
3-9   820
Guidanceご利用ガイド
Contentコンテンツ
自転車本体 自転車本体

話題の自転車が目白押し!!
納得の1台をお探し下さい

自転車部品 自転車部品

自転車を楽しむ為の
オプションパーツ

自転車やパーツの特価品情報 特価品情報

現品限り,訳有り自転車や
部品の特価販売コーナー

自転車特集と自転車の豆知識 特集/豆知識

覚えておきたい部品と自転車の豆知識と特集記事

メンバーサポート メンバーサポート

自転車の事で困ったら!!
メンバーサポートページ

Topicsトピックス